マタニティフォトで思い出を残そう

マタニティフォト

待ち遠しい赤ちゃんの誕生やその成長の記録として、写真を残しませんかというのが、マタニティフォトと言われるものです。私は、最近この言葉を知りました。世の中では、いろいろなサービスが次から次に生まれるのがすごいなと思います。もっとも、このような依頼は、従来からあって、そのサービスに名前をつけることで、他のお客さんが、そんなサービスがあるのかと認知しやすくなるので、利用者が増えることはあるだろうなと思います。写真は、シンプルなモノクロ写真や、ご主人やお子様とご一緒に写るお写真が人気が高いようです。外国人セレブが写っているファッション雑誌ようにして欲しいなど、ご自身の望みを伝えていってもよいと思います。思い出の一枚をつくりましょう。

『mk*niko photo studio』 http://mkniko.jp/
愛知・名古屋エリアでマタニティフォト撮影をお考えなら。
女性フォトグラファーの指名も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
TEL:090-3951-1191(杉浦)

写真はアイディア

どんな写真を撮るかを考えるのは、プロの仕事かもしれませんが、ご自身でも、どんな写真が撮られているのか、研究するとカメラマンさんとの会話も弾みますし、そんなことをご夫婦で考えることも楽しいひと時ではないでしょうか。最近では、インターネットで検索すると、いろいろなアイディアが出てきますので、まずはそれを参考にしながら、ご自身ならではの写真のアイディア、特に、思い出の品と一緒に撮影したりすると、構図は同じでもオリジナリティが出てくるのではないでしょうか。ぜひ、あなただけの特別な思い入れのある写真を作っていきましょう。 また、これは私からのオススメですが、一度ご自身でも写真撮影をしてみて、プロの写真と比べてみるのはどうでしょうか。自分の撮影とプロの撮影と何が違うのか、光の入り方など、今後の参考になるのではないでしょうか。まず、自分でもやってみるとプロに任せる価値を感じることができます。単純に任せてもよいと思いますが、ちょっとした私からのオススメでした。