フォトグラファー

日本で写真撮影の仕事をしている人は、カメラマンやフォトグラファーと呼ばれることがあります。この二つの言葉の使われ方は厳密に分けられていないようです。英語圏では、写真撮影をする人は、フォトグラファーと呼ばれるのが一般的なようです。カメラマンというと、英和辞書を引いくと、動画の撮影をする人というニュアンスが強いよです。なんとなく、フォトグラファーといわれるとピンとこないですが、その後にカメラマンとですといわれるとなんかプロの人なんだなって気がしませんか?
それは、そうと写真写りをよくするには、やはり良いフォトグラファーに頼むことはが重要になってきます。悪いフォトグラファーは、サンプル写真を見ると、どの人も同じような雰囲気をだしています。つまり、個性が表現されていないのです。その人の特徴が良く表現されていると感じられる写真が多いなら、そのフォトグラファーは良い人だと言えます。

写真写り

ご自身の写真写りをよくする方法はいくつかありますが、効果の高そうなものを書いていきたいと思います。①撮影前日までに、エステに行くのは効果的です。男性でも女性でも、気になってしまうのは頬のライン、上がると確実に若く見えます。また、男性の場合は、筋トレをしておくと男っぷりがあがるようです。②適度なリラックス。肩を回し、首を回し、背を反らすなど体を大きく動かしてください。 その後、顔の筋肉を大きく動かしましょう。③これは、急には無理かもしれませんが、自分が第三者からどう見えているかを知るようにしましょう。撮られる、見る、知る、を繰り返すうち徐々に自分はどう見えているのかを知ることが出来ます。そうすると、撮られ方も変わってきます。良いフォトグラファーとの出会いは、自分の知らない自分の魅力を気付かせてくれるかもしれませんね。