選び方

マタニティフォトを撮影する場合に一般的にオススメされていることは、おなかを形を出る衣装です。もちろん、衣装は無料で貸してくれるところもありますので、事前に問い合わせみてみることをオススメいたします。妊娠時の何ヶ月目に撮影するかで、着られる衣装の幅も変わってきますし、いつ撮影したらよいか、または、継続的に撮影してもらえるようなその場合の価格などはどうなってくるのか、聞いてみるとよいと思います。妊娠から出産直前までの写真を並べてみると、つわりなど乗り越えてきた自分の勇気になりますし、達成感も味わえますね。赤ちゃんとお母さんが一緒に成長してきている感じといいますか。また、子供は自分がお母さんのお腹の中にいたときの写真を見たらうれしい気持ちになりますね。場合によっては、年齢の小さいときは、お腹の中にいたときの記憶がある子もいるようです。そうしたら、話をもし聞けたら、母としてうれしいです。

衣装と時期

妊娠中のどの時期に撮影するかによって、衣装の幅は変わってきますが、一般的にマタニティウェアでは、妊娠のどの時期にどんな服を着るとよい考えられているのでしょうか。それを参考にすることで、妊娠している時期と衣装に時期的なマッチができて、写真を見ただけで、この写真は妊娠何ヶ月目でこのときは、つわりがひどかったとか、赤ちゃんがお腹を蹴りだした頃だななんて、記憶が同時に想起されるのではないでしょうか。それでは具体的に、妊娠初期はお腹が目立たないので、いつもと同じ服を着続けられる反面、お腹を圧迫しないようなラクな服が求められます。妊娠4から6か月位になると、安定期にも入りマタニティウエアが似合う体型になってきます。妊娠中にしかできない可愛い妊婦さんファッション、定番は、定番は、シンプルな無地のドレス、を楽しんでください。妊娠後期は、着る服に飽きて来ますが、もうすぐ出産なので、新しい服を買わない人が多いのですが、もし買う場合は、産後を見据えたウエアを揃えるとよいようです。